無謀だなんて、誰が決めた?

  • リリー・フランキー
  • 清野菜名

パーフェクト・レボリューション

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

929日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国ロードショー

生まれも性別も、職業も能力も、お金も年齢も、幸せには関係ない。

世界に証明するの。本当の幸せを!

ちいさな星のちいさなふたりが
大っきいLOVEを抱きしめる話です。

峯田和伸(銀杏BOYZ)

INTRODUCTION

障害のあるふたりは、まわりに立ちはだかる壁を
ぶち壊して、“完全なる革命”を成し遂げようとする。

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい!」。重度の身体障害があり、車椅子生活を送りながら、障害者への誤解を解くために活動するクマ。彼と恋に落ちたピンクの髪の美少女ミツは、精神的な障害を抱えた風俗嬢だった―。主人公のクマに扮して渾身の名演を見せるのは、『そして父になる』『凶悪』『野火』『SCOOP!』などの話題作に出演し、数々の映画賞に輝いてきたリリー・フランキー。ミツをどこまでも魅力的に演じるのは、『TOKYO TRIBE』のヒロイン役で脚光を浴び、映画やテレビで鮮烈な演技を披露する清野菜名。ふたりの恋をそばで見守る仲間たちを小池栄子、岡山天音、余 貴美子ら、演技派のキャストたちが演じている。

企画・原案は、講演やイベントなどさまざまな活動を通じて、障害者の性を訴えつづける活動家・熊篠慶彦。彼の実話にもとづく物語を、『最後の命』の松本准平監督がポップに力強く映画化。熊篠の長年の友人であるリリーは、彼の活動と生きざまが映画になると聞き、役柄を問わず協力したいといって本作への参加を決断している。さらに、劇中に流れる銀杏BOYZの名曲「BABY BABY」は、リリー自ら銀杏BOYZ峯田和伸氏に「あの曲を使わせてくれないか」とオファー。楽曲の世界観がクマとミツの関係性を見事に表現している。

STORY

泣いてもいい、笑われてもいい。
障害なんて二人で超える。革命は起こせる。

クマは幼少期に脳性麻痺を患い、手足を思うように動かせず車椅子生活をしている。ただし彼はセックスが大好き。身体障害者にとっての性への理解を訴えるために活動している。そんな彼が、ある日、美少女・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず生き生きと生きているクマに、ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない? 」「それを世界に証明するの!」。どんな不可能も可能にする、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる!

CAST

STAFF

PAGE TOP